挑戦

夜食は身長の伸びに悪い?

夜更かしをするとお腹が空いてくるので、夜食を食べたくなりますよね?
それは子供も同じで、夜遅くまで起きているとお腹が空いてきて、夜食を食べてしまうことがあるでしょう。
最近は夜更かしをする子供が多くなっているため、夜食を食べるケースも増えているといわれています。
しかし、夜食は子供の成長にとってマイナスの影響を与えます。

なぜ夜食が悪いのかというと成長ホルモンの分泌を低下させるからです。
成長ホルモンは血糖値が下がらないと分泌されないので、寝る前に食べてしまうと血糖値を上がってしまいます。
血糖値が上がると成長ホルモンが分泌されづらくなり、成長に支障をきたすという訳です。
成長ホルモンを正常に分泌させるためにも寝る2時間前は何も食べないようにしてください。

もし、どうしてもお腹が空いて夜食を食べたい場合は血糖値が上昇しづらいものを召し上がってください。
例えば、大豆や牛乳、チーズといったものがおすすめです。
逆に駄目なのはアイスクリームやチョコレートといった糖分の多いものです。

ただ、一番の理想は夜食を食べないことなので、早めに子供を寝かすようにしてください。
遅くまで起きていると睡眠時に分泌される成長ホルモンが少なくなってしまいます。

 

|  夜食は身長の伸びに悪い? |  コスパを考えれば最高 |  スポーツクラブでエンダモロジーを体験 |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁